好きキャラまとめブログ

漫画、アニメ、ゲーム、小説等に登場する好きなキャラをまとめたブログです。

このブログの内容

漫画、アニメ、ゲーム等の自分の好きなキャラを紹介するという内容のブログです。
詳しい内容は→ about にて。
現在は月一更新です。
※文章の中にはネタバレが含まれている事がありますので、注意してください。
コメントはどうぞお気軽に♪
連絡事項や不具合等ありましたら、メールフォームにてお願いします。
管理人:モカ

更新情報 拍手ありがとうございました!
4月29日 好きキャラ男性編に「ルガール・バーンシュタイン」をアップ
3月28日 好きキャラ女性編に「十字架天使」をアップ
2月27日 今回は一回休み。用語辞典と作品紹介の文章を一部追加しました。

男性編
ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行

ハ行  マ行  ヤ行  ラ行  ワ行

女性編
ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行
ハ行  マ行  ヤ行  ラ行  ワ行 

用語辞典(ブログ内に登場する単語の適当な辞典  時々増える 造語多し)
あ〜さ 
た〜は
ま〜わ 

作品紹介(関連作品の紹介ページ こちらも時々増える)
ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行
ハ行  マ行  ヤ行  ラ行  ワ行

skrugal02ルガール・バーンシュタイン(THE KING OF FIGHTERSシリーズ)
「KOF’94」と「KOF’95」の主催者でありラスボス。
世界のブラックマーケットを牛耳る闇の武器商人。
紳士然とした見た目とは裏腹に邪悪で残忍冷酷な人物。
あらゆる格闘技をマスターしている。
‘94で敗北後、自らの航空母艦「ブラックノア」を自爆させ死んだと思われたが、’95ではオロチの力を手に入れ「オメガ・ルガール」として復活。
しかし、最後はオロチの力に耐えきれず消滅する。
身長:197cm 体重:95kg(’94)103kg(’95)
誕生日:2月10日
声:新居利光('94 '95 '98 2000 2002UM CvSシリーズ)若本規夫(2002 NEOWAVE)他

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□ 

立ち位置:敵 ラスボス
容姿:ヒゲのおっさん シリーズによってちょっと違うけどイケメンな方かな?
属性:おっさん 冷酷 敵側 金髪(通常時) 真ん中分け 作中死亡
 
・初登場のKOF’94では特になんとも思わなかった。
しかし、次の’95で、一度死んだ(死にかけた?)ために自らの体を改造して登場。
「オメガ・ルガール」という姿になって戦うことになる。
その、オメガ・ルガールのなんかちょっとイカれた感じで好きになった(笑)
特に自分の胸を爪でえぐりながら吠える勝利ポーズが狂気感あって好き。
必殺技のジェノサイドカッターが、ネーミングもモーションもカッコイイうえにクッソ強いのがまたラスボスらしくていい。
ルガール自体は非常に残虐で邪悪。
倒した格闘家を銅像に塗り込んだりする。
純粋な「悪」といった感じ。
人格どうこうというのとはかけ離れたところで好きなキャラ。
’95の後も度々出てるようだし、生きてたのかな?と思ったら、どうやらストーリーのないタイトルでゲストキャラ的に登場してるらしく、ストーリー上はやっぱ’95で死亡しているのだろうか。
その後のシリーズで子供も出てきてるみたいだね。ちょっと気になる。

’95のオメガルガールを描くつもりだったけど、ググったらなんとなくこれが一番かっこよかったんでこの姿で。
’95のオメガルガールは上着を破って変身(??)してるので上半身裸なんだよね。
このインナー着てるオメガルガールはその後のシリーズ(多分’98?)に出てきた姿かな。 

skjujika01十字架天使(ビックリマン)
悪魔を「よい子ちゃん」にするために旅をしていた天使。
鬼ガシ魔に襲われていた(?)所をヤマト王子に助けられ、ヤマト王子の旅についていく。
丁寧口調で心優しい。語尾は「~ですの」。
ヤマト王子が好きで、のちに両思いになる。
十字架天使からクロスエンジェル→アローエンジェル→ストライクエンジェルへとパワーアップする。
クロスエンジェルの時は「六聖卵」を使って始祖ジュラを封印、アローエンジェルの時は次界道の扉を開けるという役割を負っている。
声:金丸日向子

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□ 

立ち位置:仲間→彼女
容姿:可愛い
属性:ヒロイン 丁寧口調 

・最近まで好きキャラに描く予定はなかったんだけど、ふとアニメのビックリマンにハマった最初のきっかけだよなあと気付いて描くことにした。
シールだけの頃も第6弾でクロスエンジェルが出てきてすでに好きだったと思うけど、明確にハマったのはやはりアニメ化後。
ちょい曖昧だけど、十字架天使が見たくてアニメを見始めたような気がする。
そして、十字架天使が描きたくて描きたくて仕方がなかった時期があった。
それ以前にハマってたのはキン肉マンと聖闘士星矢だけど、しょうもない人物絵しか描けなかった。
それこそ、デフォルメが効きすぎててとてもそのキャラとは思えないような…。
初めて作品に忠実な人物絵を描き始めたのがビックリマン。
ビックリマンはビックリマンで二頭身キャラなんでまともな人物絵とはちょっと外れてるんだけど、ビックリマンを経たおかげで人物絵もそれなりに描けるようになってきた。
その最初の原動力が十字架天使。
やっぱ、女の子の絵が描きたいんだ…。
もちろんキャラとしても好き。
アニメで十字架天使からクロスエンジェルにパワーアップする時の変身バンクが好きで、この辺よく漫画で描いたりしたもんだ。
クロスエンジェルは一時期戦線離脱したあと戻ってくる時のエピソード以降結構わがままキャラになってて違和感あったな。
十字架天使の頃はそんなわがままキャラじゃなかった気がしたんだけど。
ヤマトとラブラブになったのもこれ以降かな。
好きキャラではあるんだけど、それ以降は萌え的には見なくなった。
好感は持ってるけど…みたいな感じ。
でもやっぱりエンジェルシリーズの絵を描くのは今でも好き。
ただ、ビックリマンの頭身に慣れるまでが時間がかかる(苦笑)。

sksisi01死々若丸(幽遊白書)
暗黒武術会準決勝で浦飯チームと対戦した裏御伽チームの副将。
「死出の羽衣」「魔哭鳴斬剣」という闇アイテムを使い、必殺技は「爆吐髑触葬(ばくとどくしょくそう)」。
一見するとクールな美形で女性ファンが多いが、怒るとツノが生え鬼のような形相になる。
桑原戦に勝利した後、幻海と戦い破れている。
魔界統一トーナメント編では蔵馬の要請を受けた他の5人のメンバーと共に幻海のもとで修行を積み、妖力を大幅にアップさせS級妖怪にまで成長する。
この頃になると小鬼の姿で度々登場するようになり、アニメ版ではその能力を活かして予選で勝ち残っている。
声:森川智之

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□ 
立ち位置:敵→仲間?
容姿:青年姿の時は女性ファンがいるレベルの美形 
属性:敵側 人外 真ん中分け ロン毛一本まとめ

・gyaoで幽白の配信見てたらなんか好きになってきた。
漫画持ってるしアニメも数回見たのに、今回急にきた(笑)。
というか、裏御伽チームとの戦いを見つつ、「そういや死々若丸って後半登場したよね?その時なんか姿変わってたよね?」とかぼんやり思い出してたら、気になってきて漫画最終巻を読んで、その前の巻持ってないじゃん!と慌てて買って…という経過を辿り…まあいつも通り「注目してたら好きになってきた」のパターン。
魔界編で酎とかの暗黒武術会編で戦った相手、計6名が蔵馬の要請で仲間になるのだけど、その時に死々若丸はなんの前置きもなく小鬼姿で登場する。
それ以前にこの姿で出てきたことはないし、その後も何の説明もない。
ただ、怒ると角みたいなものが生えてたんで、もしかすると真の姿みたいなのがあるのかも?というのは察せられる。
暗黒武術会の時はイキッた奴って感じだし、正直幻海の引き立て役であまりいい所はない。
まあ桑原戦は勝ってるし、そこまではカッコいいと言われればかっこいいけども。
魔界編も別に活躍してるわけでもない。
アニメはオリジナルで試合シーンがあって一回だけ勝利描写があるんでいいんだけどね。
結局の所、小鬼と美形青年姿のギャップだよなあ…ってコエンマと全く同じパターンじゃないか!(苦笑) 

skhera02ヘラ(ビックリマン)
第13弾ヘッド。次動ネブラの王女。
ワンダーマリアに洗脳され、悪魔ヘッド「ダークヘラ」となり次動ネブラの魔域化を進める。
アニメ版では洗脳が解け、無事平和を取り戻した次動ネブラを治めるが、シールのストーリーでは洗脳が解けた時に頭のバッドガードタスクが作動し命を落とす…という結末になっている。
声:鷹森淑乃


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□ 

立ち位置:敵→味方
容姿:美人
属性:丁寧口調 王女 オンザマユゲ

・シールでは「ダークヘラ」という洗脳された状態でのみ登場。
次界の王女だが、ワンダーマリアに洗脳されて悪魔になり、天使達の敵に回る。
ダークヘラの時点ではただの悪魔ヘッドという認識で、正直全くのノーマークだった。
シールのデザインも微妙だし。
アニメ内で洗脳が解け、次界の王女として登場した時の姿がかっこよくて好きになったキャラ。
この洗脳が解けた姿はアニメオリジナルで、シールでは存在しない。
そもそも、ヘラはシールのストーリーでは洗脳が解けた後は死ぬ予定だったはず。
アニメでは流石にその結末はできなかったのかな。
ワンダーマリアと対決する時のセリフ等がかっこよくてね~。
資料出そうと思ったら、当時全巻買ってあったビックリマンのフィルムコミックスが不完全な数しか残ってなくて、王女ヘラの登場回が載ってる巻はなかった…悲しい。

気に入ったキャラは当時、DQ3やウィズのキャラにしたりしてたんだけど、ヘラも当然その流れに(苦笑)。
そこで勝手なキャラ付けしてしまって、またしても原形をとどめないキャラに…いかんなあ。
なんか、ずっと「次界の女王」という認識だったんだけど、今調べたら王女だったわ。勝手に女王にしてた(苦笑)。 
シールでは「ダークヘラ」の姿しかないしアニメオリジナルなので悩んだけど、 好きになったのが王女ヘラの姿が出てからなんで、ここは「ヘラ」で紹介することにします。

このページのトップヘ